ロゴ
HOME>ホットトピックス>住宅ローンとキャッシングの違いを知って効果的に借入しよう

キャッシングと住宅ローンは違う

キャッシングは借り入れたお金をどのような意図で使用するのかは借入者の自由ですが、住宅ローンは住宅を購入するためのみにしか借り入れることができません。キャッシングの方が、借り入れ後の使い道に自由度があります。

キャッシングの申込みから借入までの流れ

家の模型とお金

申込を行う

借入するカードローン会社を選んだら、まずは申込の申請をします。パソコンやスマホを使いインターネット経由で申し込めるほか、窓口でスタッフに相談しながら申請書類を仕上げることも可能です。また、無人の自動契約機から申し込めるものもあります。

審査を受ける

申し込みが終わったらキャッシング会社から意思確認の電話があるので、借入意思があることを告げます。その後審査となりますが、非常にスピーディーに体要するところが多く、審査は30分程で終わります。審査通過の知らせがあったら身分証明書と収入証明を提出します。

契約と融資

書類の提出が終わったら、カードを受け取りキャッシングができるようになります。契約した内容によって異なりますが、定められた限度額までなら何度でも引き出すことが可能です。利子も高めに設定されているので計画的に使いましょう。

住宅ローンとキャッシングの違いを知って効果的に借入しよう

相談

住宅ローンは仲介業者に頼むとスムーズ

住宅ローンを借りる際に仲介業者に頼むメリットとしては、ローンの契約条件が有利に運んだり、書類手続きがスムーズに行われたり、トラブルが生じた時に間に入ってくれることなどがあげられます。住宅ローンは住宅という大きな買い物のためのローンであるため、借入金額が一千万円以上になることもあります。金利によっては返済利子が100万円以上違ってくることもあるため、手数料を払ったとしても、仲介業者に介入してもらうほうが良い場合があります。